« 2021年12月 | 活動報告トップ

2022年01月20日

対策

1 新型コロナウイルス感染症(オミクロン)対策
 ・社会生活システムを維持しながら、コロナに勝つ!
  ウガイ、手洗い、マスク着用、そして予防注射。

2 令和の南海大地震対策
 ・自分の身を守る。(家族→隣保→町内会そして)
 ・三日間生きるための備蓄。水。食べ物。災害対応物品。
 ・公務に在る者は、速やかに、直近動員。

今年は寅年、「強い正義感と信念、行動力を併せ持つ」年。と言われています。
淡路市が誕生して17年目、更に、襟を正しましょう!

2022年01月19日

早朝散歩

宝珠川から大阪湾を臨む。毎朝、約1㎞。
abc2091_R.JPG
八幡寺、八幡神社そして宝珠川記念碑そして、志筑川放水路。ストーリーは繋がり、水の流れは継続されます。

・主な出来事(門 日誌)
・義烏市へのビデオメッセージ撮影
挨拶概要。シンネン クアイルー
       友好都市である淡路市を代表し、お祝いを申し上げます。
       新しい年をお健やかに迎えられたこととお喜び申し上げます。
       新型コロナ感染症が、終息し、交流事業が再開できることを願っています。
       本年が幸多き年となりますようご祈念申し上げます。
abc2088_R.JPG
abc2089_R.JPG
abc2090_R.JPG


・面談
 ・野村証券神戸支店。中止

・淡路市スポーツ親善大使住村竜市朗総合格闘技ディープ・ウエルター級チャンピオンを囲む会。延期

2022年01月18日

その時生死を分けたものは?

NHKの深夜番組で、阪神淡路大震災を分析し、その時、生死を分けたものは?を放送していました。
結論から言えば、「貧富の差と運と努力」

何れにしろ、令和の南海大地震に、取り敢えず備えなければなりません。

・主な出来事(門 日誌)
・協議
 ・積水ハウス進捗状況。
  東浦道の駅プロジェクト進捗状況。
   工事着工予定 2022年3月中旬
   開業予定    2023年7月頃
   客室       87室

・淡路市を語る講座。学習小学校6年生46名
 ・学校教育目標。命と人権を大事にし、自ら学び、たくましく生きる児童の育成。
abc2085_R.JPG


・津名アートクラブ。津守光さん。しづのおだまき館

abc2086_R.JPG

・面談
 ・関西電力送配電㈱
   今のところ節電要請は行わない。

 ・叙勲伝達式。川東輝雄様。旭日単光章。おめでとうございました。
abc2087_R.JPG
隣は息子さん。後列、亀井県民局長さん。松本議長さん。

・一宮地区連合町内会
1地域活動の感謝 2コロナの報告 3火葬場の状況 4都市計画決定等

2022年01月17日

あれから27年

目覚めた時、ガス爆発か?飛行機事故か?或いは、仮想敵国の有事かと思いました。
就寝中の妻と子供を庇って覆い被さりました。
枕元の箪笥を確認し、後、数センチずれていたらとーーー。
当時は、兵庫県土木部の総務課長。戦争を知らない男が、まさに戦場で過ごした日々が続きました。
あれから27年。多くの方々のご冥福をお祈り致します。

・主な出来事(門 日誌)
・追悼記帳所設置(本庁、各事務所、震災記念公園)
齋藤知事さんにもお参りいただきました。有難うございました。

・阪神淡路大震災追悼事業。朝5時46分~
 ・北淡震災記念公園 精霊流し、黙とう、献花、挨拶等
abc2080_R.JPG
abc2081_R.JPG


 ・齋藤元彦県知事献花
abc2082_R.JPG
abc2083_R.JPG


 ・一宮震災復興住宅 防災意識高揚の集い
abc2084_R.JPG
今年も寒風の中、多くのボランテイアの協力で追悼の式典が行われました。
有難うございました。

 ・神戸1.17のつどい 奥田危機管理部長

・朝日新聞デジタル取材
 パソナの本社機能一部移転から一年の現状等について。

・協議
 ・管財課 危機管理待機宿舎取得等報告

 ・地域福祉課 2.12 社会福祉大会市民フォーラムのレク

2022年01月16日

淡路市の阪神淡路大震災

1995年平成7年1月17日午前5時46分
都市直下型の大地震。震源地、明石海峡大橋直下。6,434名以上が死亡。

淡路島62名死亡。淡路市58名(北淡39、一宮13、津名5、淡路1)洲本市4名

「備える事の大切さと、その後の適切な対応のノウハウを伝え続けなければならない責務が有る。」

「これを奇貨として淡路夢舞台プロジェクトは凍結させない」(阪神淡路大地震の県対策本部会議での故貝原知事の言葉)から、「BUILD BUCK BETTER」(国への要望「単なる復旧より創造的復興を」それは、東北の津波、原発災害に繋がり、世界に発信された)

そして南海大地震。ストーリーは続きます。

・主な出来事(門 日誌)
・津波の情報。市役所待機

・市内視察

2022年01月15日

淡路青年会議所挨拶概要

2022R4淡路青年会議所新年式典挨拶 1.14(金)17:30~洲本文化ホール

皆さん今日は。淡路市長の門康彦です。島内三市を代表し祝辞を申し上げます。
まず、淡路青年会議所が60周年を迎えられた事、創立以来、「淡路は一つ」を基本理念とされ、時代を先取りされた地域活性化事業、青少年育成事業など、明るく豊かな淡路島の実現に向け活動を続けてこられた事に、心からの敬意を表します。

さて、淡路島では、国が主導した市町村の合併において、昭和の大合併により1市10町体制、平成では紆余曲折の後、現在の3市体制となりました。
流れとしましては令和の大合併が想定され、国の動向を注視しつつ、行政、市議会、民間団体等が、夫々の立場で議論を進めておくことが重要であります。

これまで、淡路JCが提唱し続けてきた、「淡路島1市運動」において、島民フォーラム、住民アンケート、ホームページによる啓発などにより、合併に対する島民意識の醸成や、協議の機会を作る努力をされてきました。今こそ、将来に対して責任を持った行動をすることが求められており、その積極的な言動は、参考にすべきであります。

先日、大阪湾活性化の海上実証実験として開催された、神戸港、大阪舞洲(島)、そして淡路市の交流の翼港周遊のイベントに、斎藤県知事と同行したさい、阪神淡路大震災の復旧最中、東京での会議で、「単なる復旧ではなく、創造的復興をお願いしたい」と提案された、故貝原知事の言葉は、東北の大震災津波復興に活かされ、その言葉は、世界にも伝わりBUILD BUCK BETTERとして広がっている、と伺いました。

そして、交流の翼港が有る、淡路市夢舞台は、大震災の復旧会議の中で、誰もが「夢舞台の事業は凍結」と覚悟をしていましたが、貝原知事の、「これを奇貨として、淡路夢舞台事業は凍結しない」の一言で事業が継続され今に繋がっています。

正しいストーリーは時を経ても失せません。

今年は寅年、「強い正義感と信念、行動力を併せ持つ年」と言われています。
川越理事長初め、青年会議所の皆様の行動力に期待を致します。

最後に、一般社団法人淡路青年会議所の今後益々のご発展と、会員の皆様方、そして、今日、ご参集の皆様方のご健勝にてのご活躍を心からご祈念申し上げ、お祝いの言葉とさせていただきます。
本日はまことにおめでとうございました。

・主な出来事(門 日誌)
・2022冬咲きチューリップショウオープニングイベントテープカット。洲本市民広場
 1月15日~2月下旬
abc2079_R.JPG
天候にも恵まれ、一宮のラッパ水仙の管理者、井上さんも、竹細工等のブースを設けていただいていました。有難うございました。

・第59回淡路農林水産祭。伊弉諾神宮
abc2077_R.JPG
abc2078_R.JPG
実行委員会の会長として参加しました。表彰された皆様、おめでとうございました。

・淡路市法人会新春講演会。神楽ミュージアム
 今年は、壬五黄寅年、変革の年だそうです。

・中田公民館市政報告
 中田小学校の時計が不調とか、地域のシンボルですし、こどもたちの目標でもあります。
 早期の対応が急がれます。

2022年01月14日

神戸の壁

 歴史の事実を伝えます。
 詳細は、「故郷の雨3-明日に架ける橋。 151~153頁。神戸の壁の説明責任」をご参照下さい。

 神戸の壁は、神戸市長田若松市場の延焼防火壁。阪神淡路大震災に耐えたとして、保存会等が神戸市に保存依頼をしましたが、保存は叶わず、広義の意味で震源地とされていた北淡町の故小久保町長に依頼、町外のものを北淡町が保存するのは町民の理解が得られないとして断り、津名町の故柏木町長が引き受けた。その経緯は柏木町長しか知らず、故人となられたので不明。

 津名町が引き受け、しづかホールの隣接地、現在の新津名図書館に移設することとなりましたが、案の定、町議会の了承が得られず、執行部は、髙島基金を髙島玲子眼科医、現津名高等学校同窓会長の了解を得て充当し事業は執行されました。

 その後、5町合併して淡路市が誕生。紆余曲折を経て、現在の北淡震災記念公園地に移設しました。
詳細は、平成21年の故郷の雨3をご参照下さい。

・主な出来事(門 日誌)
・淡路市を語る講座。北淡小学校
abc2074_R.JPG


・面談
 ・淡路市貴船太陽光発電所、寄神建設等。

 ・市民。中止

 ・元理事等

 ・氏田年行洲本市会議員

・淡路青年会議所新年式典。洲本市文化体育館文化ホール
 ・三市代表挨拶
abc2075_R.JPG
abc2076_R.JPG
新理事長川越さん。

2022年01月13日

帰郷

コウノトリの淡夢の両親が帰ってきました。
二番目の子供が期待できます!
abc2072_R.JPG

abc2073_R.JPG
撮影協力:大町在住の山本さん。

大相撲

友人から、「最近はもう見ない」と聞きました。
理由は、「品格と美しさ、人情が消えた」とか。
昔から、相撲はスポーツ(武道)なのか、歌舞伎のような演武なのか?という議論は有りました。
確かに、国技の大相撲の姿は無いようだ?武術でもない。スポーツにしては美しさも薄い。

暫く前、中川智子さん(女性)が宝塚市長さんをされていた時、賞品?を渡すのに、「自分は土俵には上がれない」と言われたので、「駆け上がったらいいのですよ!」と助言しましたが、本番では、無理だったようです。

女性相撲があり、女性の野球の大会が甲子園で開催されている今日、大相撲が柵を捨てて、襟を正す時期が来ているのではないのか?
第一候補者としては、女優、吉永小百合さんを支持したい。間違っても、東京都知事だけは止めて欲しい。大相撲の良識に期待したい!!

・主な出来事(門 日誌)
・市内視察

・新型コロナ対策本部会議

・録音打ち合わせ

・面談
 ・前洲本市副市長上崎さん他

2022年01月12日

サンテレビ

17時~18時
震災特集放送。阪神淡路大震災、あれから27年、悲しみを風化させることなく、後世に伝え続けなければなりません!
abc2067_R.JPG
abc2068_R.JPG
abc2069_R.JPG
abc2070_R.JPG
abc2071_R.JPG
サンテレビより。フリーカメラマン・神子素孝輝さん。


・主な出来事(門 日誌)
・防犯カメラ点検

・市内視察

・人事協議

・新型コロナウイルス情報
 ・2021年R3、10.13日 1名
 ・2022年R4、 1. 5日 1名 7日2名 8日11名 9日4名→3名 12日3名 小計20名

  クラスターも懸念されています。注意しましょう。

2022年01月11日

コロナ対策

オミクロン。淡路島も例外では有りません。
其々が、緊張感を持って対処しましょう。
宜しくお願い致し明日。

・主な出来事(門 日誌)
・部長級会議

・淡路農林水産祭レクチャー。

・面談
 ・防犯協会。人事異動等。

 ・らきちゃん。一工夫をして、!

・県赤十字有功章等贈呈式。県公館。嶋本健康福祉部長

・意見交換会

2022年01月10日

令和4年成人式

祝。詳細はブログ本文をご覧ください
abc2065_R.JPG


abc2066_R.JPG

新型コロナウイルス情報

2021年令和3年10月13日  1名(淡路島)
2022年令和4年 1月 5日  1名
               7日  2名
               8日 11名
               9日  4名

三か月近く淡路島では陽性者ゼロでしたが、ここにきて増えている傾向です。
社会生活システムを維持しながら、コロナウイルスに勝ちましょう。

主な出来事(門 日誌)
・断捨離

・志筑蛭子神社十日戎
abc2064_R.JPG
大勢の人で賑わいました。

・田井戎神社十日戎。金村副市長

2022年01月09日

新型コロナ

三か月近く息を潜めていましたが、ここにきて、淡路島にも出始めました。
やはり、年末年始の人の移動の影響か?

緊張感を持って対応しなければなりません!

・主な出来事(門 日誌)
・コロナ対策協議

・淡路市消防団初出式。淡路市防災センターグラウンド
 式典内容を縮小して開催しました。

abc2059_R.JPG

abc2060_R.JPG

・令和4年淡路市成人式。淡路市立しづかホール。規模など見直して実施しました。
 対象者:452人 出席者:324人 参加率が70%を超えて盛会でした。

abc2061_R.JPG
abc2062_R.JPG
abc2063_R.JPG
代表して挨拶された、ブレイブオーシャンズの加藤美夏さん。立派な演説でした。

・上河合町内会市政報告。中止
・部落解放同盟県連合会新春旗開き。メッセージ

2022年01月08日

ふるさと淡路島

A面 輝く淡路市
B面 ふるさと淡路島
作詞:門康彦 作曲:池田八声 編曲:後藤明

レコーデイング・リハーサル
abc2057_R.JPG

本番
abc2058_R.JPG
恐らくこれが最後の吹き込みか?

2022年01月07日

サンテレビ出演

・ニュース×情報「キャッチ+(プラス)」
 ひょうごぐるっと41(よい)とこリレー
*市長自ら生の声で魅力を発信するコーナー。
 (照会概略)
 ・あわ神ゆるキャラ
 ・世界一の吊り橋明石海峡大橋の夜景。
 ・西浦(西海岸)の夕日、東浦(東海岸)の朝日
 ・あわ神あわ姫号市バス。ゴールデンドリームバス(ドクターイエロー)
 ・コーノトリ
 ・新スポット(幸せのパンケーキ。DAN=MEN。ICE=UP)

 ・その他
  ・伊弉諾神宮。パソナのゴジラミュージアム。オノコロ遊園地。渡舟食堂。オノコロ遊園地
   そして門下市塾等
abc2056_R.JPG


・主な出来事(門 日誌)
・朗読ボランテイアグループひびき「ともしびの賞」受賞報告。
abc2055_R.JPG
おめでとうございました。

・市民との意見交換

2022年01月06日

ゆっくりと始動

・主な出来事(門 日誌)
・淡路市新春賀詞交換会。規模縮小などして市役所で開催

 新年、おめでとうございます。
 この賀詞交換会は、淡路市の課題の一つ地形を考慮して、2010年平成22年から始め、
2021年はコロナ禍で開催を回避したために、今年で12回目となりました。
 まだまだ安心出来ないという事で、こうした変則的な開催になりましたが、ご理解下さい。
 限られた時間では有りますが、新年初頭、ご挨拶等にご配意いただければ幸いです。

 さて、新型コロナウイルス。2019年令和元年(5月1日~)12月31日中国湖北省武漢市で原因不明の肺炎の集団発生が報告されました。
 以降、昨年の12月までで、感染者数世界の累計は、2億7千万人(3.4%=78億7千万人)、死者5百30万人、日本では、173万人、死者が1万8千人。
 兵庫県では7万8千人、1,400人。淡路島724人(洲本238、南258,淡路228)死者2人。10月13日1人(淡路市)以降感染者はゼロ。凡そ二カ月以上です。
 しかし、これからも予断を許しません。夫々が緊張感を持って対応、宜しくお願いします。

 さて、そのような状況下では有りましたが、令和3年は、各種協定等の締結、新津名図書館のオープン、東京パラリンピック採火式など順調に推進していただきました。
 また、右肩上がりの淡路市として、企業誘致の進行、人口の社会増減のプラス化、堅調な税収、公共交通整備等、市民サービスに直結する事業の推進の他、課題であった危機管理体制の待機舎の確保などチーム淡路市としてまとめる事が出来ました。
 感謝、申し上げます。

 また、市長、市議会、県知事選挙が行われ新体制が出発しました。
 斎藤元彦新知事が講演の中で、阪神淡路大震災の復旧最中、故貝原知事が提案された「単なる復旧ではなく復興を」という言葉は、東北の大地震に繋がり、その精神は、世界に、BUILD BACK BETTERとして繋がりました、と紹介されていましたが、私達も夢舞台大事業の推進にあたり、「これを奇貨として淡路夢舞台事業は凍結しない」という決断の言葉を、大事にしなければならないと思っています。

 来年は、寅年、正義感が強く逆境にあっても立ち向かう強さ。の年です。
 淡路市としましては、1大阪湾活性化構想への参画 2南海地震など災害への備え 3住民福祉、教育の質の向上を目指していきます。
 そのためには、本日ご参会の皆様のご理解とご協力が何よりも大事です。
 新年に当たりまして、ご挨拶と共にお願いを申し上げ、市を代表してのご挨拶とさせていただきます。宜しくお願い致します。有難うございました。

来賓の国会議員の先生。末松文科大臣、西村、清水、片山、高橋議員。伊藤、加田秘書。
     県議会議員。 原先生
abc2050_R.JPG

abc2051_R.JPG
スタッフのみなさん有難うございました。

・面談
 ・坂東悠太選手。津名高校出身。東京オリンピック出場、陸上5千メートル出場。

 ・淡路青年会議所川越理事長、木戸副理事長、若林専務理事。伊藤公室長

・第12回淡路市夢未来の会研修会。北淡セミナーハウス
abc2052_R.JPG
abc2053_R.JPG
市政報告、真剣に聞いていただきました。有難うございました。
abc2054_R.JPG

2022年01月05日

ふるさと淡路島

故郷の浜辺に立ちて
風の音を聞いてみる
微かに少年たちのざわめきが
混じっているような

故郷の野辺に立ちて
草木の匂いを嗅いでみる
遠くに少女たちの香りが
漂っているような

走り続けた16年
愛という一文字に
支えられての今が
霞んでゆく

朽ちかけた体躯に
今一度の想いを馳せて
別れと言う名の乱舞が
舞えるだろうか

・主な出来事(門 日誌)
・協議

・市内視察

2022年01月04日

令和4年仕事始め

・主な出来事(門 日誌)
・辞令交付

・部長級会議
・市長新年あいさつ
令和4年仕事始め挨拶 2022、1、4、9時~

 皆様、新年、おめでとうございます。

 2005年平成17年4月1日淡路市は出発しました。あれから17回目のお正月を迎えました。夫々が恙無く迎えられたことと思います。

 さて、2022年令和4年は、未来へ繋ぐ輝く淡路市を目指し、「ふるさと淡路島、新時代へ」のキャッチフレーズと共に飛翔しなければなりません。

 合併特例事業債の発行期限が迫り、これからの数年間が、本市の合併の仕上げの最重要な時期になります。
 何とか、5町の融和を図り、課題を一つ一つ丁寧に解決していきながら、それまでの後ろ向きな柵を排除して、積み上げてきた将来への布石を更に、堅牢なものにしなければなりません。

 課題であった、岩屋港ポートターミナルビル周辺の再整備は春竣工予定、福祉会館は年末開館目途、住民から要請の有った東浦平和大漢音像の撤去後の整備の協議会も動き始めています。
又、津名土地改良区は去年3月に解散し結了事務に入っています。新火葬場の整備は竣工予定を、2024年令和6年4月に、と課題等はほぼ見通しがつきました。

 今後も、市民目線の行政サービスの推進継続、健全な財政運営の推進、更なる新型コロナウイルス対策と、令和の南海トラフ巨大地震への備えを中心に、安全安心対策に配意しながら、将来の淡路島一市にも備え準備を加速させ、淡路島のフロントリーダーとして、大阪湾活性化構想に積極的に参画し、島民悲願の明石海峡大橋島民無料化運動を継続し、島全体の発展に寄与する事業にも取り組まなければなりません。
 そして、公共交通の利便性の質も高めていかなければなりません。
 ゴミ焼却量15%削減、一宮地域都市計画区域指定、観音像跡地利用など、諸課題に対し、
令和4年のキーワードは、「ひと工夫」Ingenuity.夫々が、単に、これまでの事を踏襲するだけではなく、ひと工夫して積み上げることによって効果が倍加します。

 コロナ禍の課題の多い時代ではありますが、「社会生活システムを維持しながら」チーム淡路市として共に取り組み、共に楽しみましょう。

 今年も宜しくお願い致します。


・記念撮影

・面談
 ・東洋合成工業㈱
 ・松本議長 浜田局長
 ・岬、古山議員

・広域消防年始式。管理者挨拶、表彰
・商工会
・JA日出
・銀行挨拶
・伊弉諾神宮など

2022年01月03日

3日

市役所に職員が仕事を頑張っていました。有難う。

明日から仕事始め。市民サービスに努めます。

abc2049_R.JPG
明石海峡大橋から臨む。撮影:T氏

2022年01月02日

2日

今年も後、363日となりました。
健康で人生を有意義に生きたいものです。

この静けさと平穏な日々が永久に続く事を願うのみです。
身の衰えに 気付く新年の朝 我が事は我のみぞ知る⁉️
康 お粗末。

2022年01月01日

賀正

令和4年新年おめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します!
a8.jpg
1946年生まれ、自称38歳。頑張ります!

元旦

皆様新年おめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します!